Welcome to Miyakojima Tour!

宮古島ツアーへようこそ!

Shine

Use Category list to find your favorite blog.

右のカテゴリー欄から好きなブログを見つける事ができます。

Churches

Click the center of picture to go back home.

写真の真ん中をクリックするとHOMEに戻ります。

Civic Involvement

Wanna leave a comment?

コメントを残すには投稿タイトル下の数字をクリック!

Action

Got a question? Contact me!

お問い合わせはContactページから。

Churches

Archive for '宿・ゲストハウス' Category

サンディーさん in Miyako

Jan 11th, 2010 by Eri | 3

明けましておめでとうございます。2010年の初ブログです。 気がついたらハロウィンからアップしてなかった><ごめんなさい。。。そんな私ですが、みなさま、今年もよろしくおねがい致します(*^^*) さて、今年一発目の話題はフラ。はは。またフラです^^ シンガーであり、クムフラ(フラの正統な指導者)でもあるサンディーさんは、日本にフラを広めたといっても過言ではない偉大な方です。そのサンディーさんの沖縄エリアワークショップが決定し、今回宮古まで足を伸ばしてくれました!そして、昨日(1/10)宮古のフラガールが待ちに待ったワークショップに行ってきました☆ 場所は、宮古島美術研究所(ヴィラ・インギャー)。上野のインギャーマリンガーデンや博愛漁港側にある、海を好きなだけ望め、芝生のお庭が素敵すぎるお家です。高台にある尋常じゃなく美しい別荘だったので、どんなスゴい人が住んでるんだろう、と思っていましたが、ココ泊まれるらしいです!!しかも、1人6,000円くらいで! 晴れていれば、ここの芝生の上で、海を眺めながら、サンディーさんのフラを学べたはずだったのですが、あいにくの雨。室内で行う事になりました。 ↑ ノリでフラポーズ決めてみました。お許し下さい(笑) フラには古典フラ(カヒコ)と現代フラ(アウアナ)があり、今回のワークでは古典フラを一曲学びました。古典フラは神様やハワイ王朝の王に捧げる神聖なダンスです。ハワイの人々は子孫繁栄をとても重要な事と考えたそうで、古典フラにはよくセクシュアルな意味が含まれています。今回学んだ『Anapau(アナパウ)』という曲は、リリウエ嬢王様の子孫繁栄に必要な体の部分(!)に付けられた名前で、「おてんばちゃん」という意味だそうです。すごいでしょ^^;題名だけでなく、内容もかなりダイレクトでした! それにしても、サンディーさんの歌声&イプ(ひょうたんでできた打楽器)の音、スゴかったです。生歌で踊れた事にとても感動しました。自分がハワイのダンサーになったみたいに最高の気分!ダンスの他にもありがたいお話をたっくさんしてくれました。ワーク中、サンディーさんは『できないという言葉は私の辞書には無い。』と言ってました。『時間がかかるか、かからないか。だだそれだけ。』本当にその通りだと思います。やりたい事は何度もやればきっと出来るようになります。諦めたらそこまで。「私にはできないよ〜」って言うだけで、自分に秘められた可能性を殺してしまう気がします。つまり、「出来ない」=「自分への諦め」。そんなの悲しいですよね。「できない」は禁句。今年も、もっと色んな事に挑戦していきたいです。 サンディーさんは面白くって、気さくで、チャーミングで、セクシーで、本当に素敵な方でした。フラを学ぶ意味や、踊る上で大切な事、人生を楽しむ事、学び盛りだくさんのワークでした。新年早々とても良い経験が出来た事に感謝! 今年も良い年になりますように。というか、良い年にしましょう!!

Read full post...

10月18日 久松港にて

Nov 7th, 2008 by Eri | 0

宮古島に到着してから初めて晴れました!! 暑いね!やっぱりいいね、青い空^^ とりあえず、住居が決まったのでひと安心。入居は20日。待ちきれません。 今までお世話になったゲストハウスをチェックアウト。引っ越しはまだですが、とにかく宿を変えたかった!苦笑 レンタカーも新しく見つけなくては。 宮古島はレンタカーも安いんですよ。探せばあるもんで、1ヶ月3万で軽自動車レンタルしてきました☆ 次の宿は「南海やどかり」というゲストハウス。ここはインターネットは無いものの、部屋自体は充分広くて清潔感があり、各部屋ユニットバス付き。2人1室利用で1人一泊2500円。ここも格安です! ちなみにレンタカーした「五光自動車」のおばちゃんが教えてくれたんですが、もっと安いゲストハウスで「YouRaLi (ゆらり)」というところは、一泊二食付きでなんと2000円から!宮古島ツアーで各地から来る旅行者の方々と仲良くなりたい方にはこういうゲストハウスはいいかも☆この値段は私が探した宿でも一番安い!誰か使った方がいたら、どんな所か教えて下さいね! ☆☆☆宮古島の宿探しはこちらをクリック!!☆☆ 今日は特に予定も無かったんで、新居に必要な物がどこで安く手に入るのかと、リサイクルセンターに言ったり、大型ショッピングセンターを回って値段をチェックしてきました。 宮古島をかなりの田舎だと思っているあなた!!それは間違いです!24時間の大きいスーパーもあるし、コンビニもたくさんあります。車さえあれば、不便はしません!! 天気が良かったんで、新居の周りを歩いて散策してみたりもしました。宮古島の人は歩かないらしいんで、2人でてくてく歩いてたら、地元のおっちゃんにじろじろ見られました。笑 歩道沿いにずっとハイビスカスが咲いてる^^きれいだな~ ↓まずは、近くの久松漁港へ。今日はやっぱ海がきれー\(^O^)/ エメラルドグリーンが一面に広がってます。 ふるぼけたビニールハウス発見。中を覗いてみると、お兄ちゃんがウォークマンもしくはipodで音楽聴きながら作業してました。笑 話を聞くと、海ぶどうを養殖してるとの事。へぇ~。海ぶどうとは宮古島の特産品でブドウみたいな形の海藻です。プチプチ感がいいらしい。今度食べたら、感想お知らせします☆ 防波堤の先まで歩いていってみると、おじちゃんが2人釣りをしてました。話しかけたら、ちょっと気まずそうにしてたんで、さっさと引き上げて来たんですが(苦笑)、私たちがそばにいる2分くらいの間に10~15センチくらいの魚をあっという間に2匹釣ってました。(☆o☆)!! ここはかなり釣れるって事だね。うふふ。いい情報収集ができました^^ この久松漁港には「久松五勇士顕彰碑」があります。日露戦争中、宮古島の横をロシアの軍艦が通るのを見つけた5人は、本土にこの事を伝えなければと、電信局のある八重島まで、勇敢にも小さい船で出発したそうです。15時間、170キロの距離を漕ぎまくり、八重島に辿り着き、そこから30キロの山道を歩いて、やっと本土へ連絡をする事ができたという事です。 昔の人のやる事はほんとにすごいっ!! こんな細い船で。。。うわ〜。

Read full post...